大船渡産ゲームアプリ「Divide」選手権の開催について

〜開発者によるワークショップ「ゲームが出来るまで」も開催〜

株式会社地域活性化総合研究所(本社:岩手県大船渡市、代表取締役:新沼謙治、以下「地活研」)は、大船渡市内で開発されたゲームアプリ「Divide」で制限時間内の点数を競う「第1回Divide選手権」を開催します。

ゲームアプリ「Divide(ディバイド)」は、単純な割り算をベースにしたゲームです。岩手県大船渡市盛町にある大船渡ふるさとテレワークセンターにおいて当時大船渡市に移住していた渡部健氏によって開発されました。まさに「大船渡産ゲームアプリ」です。

ゲームアプリ「Divide(ディバイド)」は一見単純な割り算のゲームですが、高得点を取ろうとすると、本人の自覚の無い中で因数分解的な計算を働かせるようになります。これによってまだ学校で因数分解を習っていない小学生でもDivideで繰り返し遊ぶことで知らず知らずに因数分解の力を見に着けることができます。

当社では地域活性化の一環として、この大船渡で生まれたゲームアプリを使い、3分間でどれくらい得点ができるかを競い合う選手権を開催することとしました。

また、第二部では開発者の渡部健氏に「大船渡でゲームが出来るまで」というテーマでワークショップを開催させていただきます。市内外からの多数の参加をお待ちしております。

日時:2017年1月8日(日)13時~15時

場所:大船渡市カメリアホール(盛町)

内容:

主催者挨拶

第一部:第1回Divide選手権(3分間で獲得した得点を競う)

小学生の部    優勝賞品1万円分クオカード

中学生の部  優勝賞品1万円分クオカード

一般の部      優勝賞品3万円分クオカード

第二部 ワークショップ 「ゲームが出来るまで」開発者渡部健氏

※大船渡市「ITコラボ・マルチワーク推進業務」として実施

表彰式

参加申し込み:先着100名様

1.ウェブサイトからの申し込みはこちらから

2.大船渡テレワークセンターへ直接申し込み

大船渡市盛町馬場23-7盛中央団地1号棟1F

 

※事前の練習をお薦めします。

divide1  divide%ef%bc%92

divide%ef%bc%93  divide4

【ゲームの入手先】

■Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.waken.Divide

■iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/divide-number-puzzle/id1136604398?mt=8

 

開発者 渡部健氏について

1999年  3月 岩手県立盛岡第一高校卒業

2003年  3月 東北大学機械知能系卒業

2005年  3月 東京大学学際情報学府卒業

2005年  4月 任天堂入社(マリオ、ピクミン、Splatoonなどのプログラムを担当)

2015年  7月 任天堂退社、イギリス語学留学へ

2015年 11月 留学後、世界半周旅行へ

2016年  2月 帰国後、個人でゲーム開発を始める

2016年 11月 ゲームクリエイターの集まるシェアハウスを京都にて開始

 

株式会社地域活性化総合研究所 会社概要

会社名  株式会社地域活性化総合研究所
Web  http://kasseika.club/
設立  2014年9月
資本金 1,000千円
代表者 代表取締役社長 新沼 謙治
事業内容 調査研究事業、キャリア教育事業、オペレーション業務受託事業、ギークハウス事業、イベント企画運営事業
所在地 岩手県大船渡市盛町東町8-4
【本件に関するお問い合わせ先】

主席研究員 福山宏

Email: tsumugi.fukuyama@gmail.com  /  TEL: 080-2843-6925